家族葬のこと

家族葬の通夜・告別式に参列していいの?参列者の範囲とマナーまとめ

投稿日:

家族葬に勝手に参列していいの?

家族葬で、といわれたら家族のみが参列するというイメージがあるかもしれません。でも故人と親しくさせてもらっていたり、お世話になったということで最後のお別れをしたいと希望することもあると思います。そんな時は、御焼香だけでもと勝手に参列することは可能なのでしょうか?

はっきり申し上げると、勝手に参列するのはNGです。しかし「勝手に」はダメなのですが、家族や親族以外の外部の人でも参列することは絶対不可能だというわけではありません。

家族葬に参列すべきでないパターン

外部の人でも身内だけの家族葬に参列することは可能です。喪主・遺族の方から参列の案内が来た場合や、お願いして許可された場合です。これなら問題なく参列することができますが、逆に参列すべきではないパターンについて説明しましょう。

・訃報を受けた時にお通夜や葬儀の案内がない場合
一般的には、訃報を受けた時にお通夜や葬儀の日程・葬儀場なども知らせてもらえるものですが、そのような内容がなければ参列は遠慮しましょう。

・家族葬であり参列は遠慮してもらいたいと言われた場合
家族や親族だけで見送りたいと希望されているわけですから、そのような場合は外部の人間が無理やり参列してはいけません。

家族葬に参列しても問題ないパターン

外部の人間だけれど、家族葬に参列してもよいパターンがあります。それはどのような場合でしょう?説明しますね。

・家族葬での通夜の情報が訃報連絡に書いてある

訃報の連絡で葬儀の日程や葬儀場の案内が明らかにされている場合は、家族葬に参列しても大丈夫です。
身内だけで執り行う家族葬なら、外部の人にいつどこで葬儀を行うかなど詳しいことはお知らせしないものです。もし、訃報の連絡がありお通夜や葬儀について詳しく説明され、なおかつ参列を遠慮するような内容が記載されていないのなら、参列しても問題ないということ。それでも判断がつかなかったら、喪主や遺族に連絡を取って参列しても良いか尋ねることがおすすめです。

・電話等で直接参列のお願いがあった

喪主や遺族から直接参列をお願いされた場合も、参列しても大丈夫です。
近年は自分の葬儀内容について、段取りなどや葬儀に参列してもらいたい人の名簿など詳細を書き残している人も増えてきています。もしそのような記録があったり、生前「この人は葬儀に来てもらって」と言い残してあった場合、喪主や遺族が参列をお願いされることもあるでしょう。その場合は家族や親族以外であっても、気後れすることなく参列することができます。

家族葬の参列マナー

家族葬は一般の葬儀とは異なる参列マナーがあるのでしょうか?家族葬の参列マナーについて説明しましょう。

・服装

家族葬だからといって、くだけた普段着で行うわけではありません。一般のお通夜・葬儀と同じように喪服着用が常識です。お通夜の場合には「平服で」と案内があるかもしれませんが、これはカジュアルな服装でOKという意味ではありません。

・・男性の場合
いわゆるフォーマルウェアで、黒のスーツに白いシャツ、ネクタイ・靴下・靴・ベルトは黒でそろえます。お通夜の場合は、黒に近いスーツでも構いませんがシャツは白、ネクタイ・靴下・靴・ベルトは黒にします。

・・女性の場合
女性の場合もフォーマルウェアで、黒のスーツの他にワンピースやアンサンブルでもOKです。夏場などは暑いので大変ですが、肌が露出するようなデザインの服は避けましょう。靴やバッグも黒にし、真珠以外のアクセサリーは控えたほうが良いでしょう。

・お悔やみの言葉

葬儀では喪主や遺族にお悔やみの言葉をかけますが、どのような文言にしたら良いのか迷ってしまう人も多いと思います。あまり長々と話すのは先方の負担になってしまうので、短いけれど間違いのないお悔やみの言葉を例に挙げてみましょう。

「この度はご愁傷さまです」
「この度はお悔み申し上げます」
「御冥福をお祈り申し上げます」

などです。どれもドラマなどで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。実際に自分で言葉にしようとすると、なかなか上手く言えないものですが、お悔やみの言葉なのでハッキリと大きな声を出す必要はなく、控えめな声で語尾をにごしても構わないようです。

ただ、注意したいのは「御冥福」という言葉は浄土真宗やキリスト教ではNGですし、不幸が重なることが連想される「重なる」や「続く」などは避けるべきです。また、故人が高齢の場合は「大往生でしたね」と慰めるつもりで言ってしまいがちですが、大往生と言って良いのは遺族のみで参列者は使うべきではありません。

・焼香の仕方

焼香の仕方は宗派によって異なるのですが、自身の宗派以外は分からないこともあるでしょう。最近は葬儀の前に葬儀社のスタッフが、故人の宗派の作法を教えてくれることもありますが、指示がなければ基本的な焼香の方法で構わないようです。

基本的な焼香ですが、
1.まず焼香する前に遺族と僧侶に一礼します。
2.焼香台に進み手前で遺影に一礼します。
3.数珠を左手に、右手で抹香を指3本でつまみ額の高さまで上げてから香炉に落とします。
4.遺影に向かって合掌・一礼し再び遺族に一礼し席に戻ります。

額の高さまで抹香を持ち上げることを「おしいただく」と言いますが、浄土真宗の場合はおしいただくことはしなかったり、日蓮正宗の場合はおしいただいて3回行うなど様々です。

・香典

家族葬の場合、香典を辞退されることが多いようです。葬儀の案内が届いた時に、香典を辞退することが記載されていたなら香典は不要ですが、記載がなかった場合は困ってしまうかもしれません。
その時は、念のため相場に見合った金額の香典を用意し、持参して受付で受け取っているようなら渡すようにすると良いでしょう。

・葬儀から帰るときは

家族や親族以外の人が家族葬に参列する場合、葬儀が終わったら長居しないことが大切です。帰るときは長い挨拶ではなく、簡単に喪主や遺族をいたわるような言葉をかけて帰りましょう。

家族葬に参列しない場合のマナー

弔問はしたいけれど。家族葬には参列しない場合のマナーについて説明します。

・葬儀・告別式に参列しない

葬儀や告別式に参列できなくても、後日家族葬が終わった後で自宅に出向いて弔問することができます。葬儀を終えてもしばらくはバタバタすることが多いので、いきなり弔問に訪れるのはNGです。当日ではなく数日前までに遺族に連絡し、弔問したい旨を話して伺っても良いかどうか確認しましょう。葬儀後1週間程度は、弔問を避けるようにします。

・香典と供花は控える

葬儀ではなく自宅に弔問する際に、香典や供花を持って行くか迷うかもしれませんね。もし香典や供花をお渡しすれば、先方はお返しする必要があります。家族葬では香典を辞退することがほとんどですから、自宅に弔問に伺う時も先方の負担にならないよう香典や供花は避けるべきでしょう。

家族葬の参列まとめ

家族や親族以外の外部の人は、基本的に案内が来なければ家族葬に参列しないことです。参列が認められた場合や参列を依頼された場合は、香典や供花を持って行っても良いのか確認する必要があります。

家族葬に参列する際のマナーは一般の葬儀と同様、服装は喪服でお悔やみの言葉もちゃんと伝えましょう。本来は近しい身内のみの葬儀ですから、葬儀が終わったら長居しないことが大切です。

また、家族葬であることが理由で参列できない場合、後日弔問に行く時は前もって必ず遺族に連絡し、良いかどうか了承を得る必要があり、香典や供花を辞退される場合があるのでその点も確認することをおすすめします。

-家族葬のこと

Copyright© 家族葬の手引き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.