家族葬のこと

新盆(初盆)とは?

投稿日:

新盆(初盆)とは

新盆(初盆)とは、故人が亡くなり忌明けが過ぎて初めて迎えるお盆のことで、新盆は「にいぼん」や「あらぼん」「しんぼん」、初盆は「はつぼん」と読みます。

毎年お盆には、亡くなった先祖の霊が自宅に帰ってくるといわれており、離れて住む家族や親族が集まってお墓参りや仏壇にお参りし供養しますが、新盆はさらに僧侶を招き家族や親族だけでなく場合によっては知人も参加し法要を行います。

新盆の時期はいつなのか、また、どのような準備が必要なのかなど詳しく説明していきます。

新盆(初盆)の時期は?

故人に忌明け後、つまり四十九日を過ぎた後の初めてのお盆が新盆になります。四十九日を過ぎる前にお盆を迎えた場合、その年は新盆にはならず翌年のお盆が新盆とされています。

新盆に限らず、お盆の行事を行う時期は地方や宗派によって異なります。大きく分けてお盆を行う時期は2つあります。

・旧盆の地域・・・8月13日~16日
・新盆の地域・・・7月13日~16日ごろ

日本ではほとんどの地域が8月に行われる旧盆で、新盆は東京、神奈川、静岡などの一部の地域が導入しています。

新盆(初盆)の法要の準備とお布施

新盆の法要に僧侶をお招きする場合、お願いする時期やあらかじめ準備しておくこと、お布施についても詳しく見ていきましょう。

僧侶はいつ頼めばいい?

お盆といえば僧侶の繁忙期、ギリギリになって法要をお願いするのは失礼にあたるし、希望の日時にお招きすることが難しくなります。ですからお願いするのは早めに、3ヶ月前から遅くても1ヶ月前までにお寺に連絡・相談し日程を決めると良いでしょう。

新盆(初盆)のお布施の金額の相場

新盆には僧侶をお招きして読経してもらいますが、このような法要ではお布施が必要です。お通夜や葬儀の時と同様に、僧侶にお渡しするお布施には決められた金額があるわけではありません。しかし、相場というものは法要ごとにあるもので、もちろん新盆にもお布施の相場はあります。

新盆のお布施の相場・・・30,000円~50,000円

地域や宗派によっても差はありますが、一般的にはこの金額が目安になります。また、新盆のお布施は通常のお盆のお布施よりも多めに包むのが相場です。

お布施とは別に「御車代」と「御膳料」も用意する必要があるかもしれません。法要を行う時は、御車代として5,000円~10,000円が相場で、新盆の場合もその金額が目安になります。御膳料は僧侶が会食に同席する場合は不要ですが、同席されない場合は5,000円~20,000円ほどを用意します。

お布施の表書きは?

お布施を包むときは白い封筒を使い「お布施」か「御経料」と書きます。この場合、薄墨ではなく普通の黒い墨を使うので間違わないようにしましょう。封筒の裏面には氏名・住所・金額を書きます。

正式には半紙と奉書紙を使用して包むのですが、略式として封筒を使っても構いません。封筒は必ず無地で白いものを使いましょう。

会食・料理の手配

仕出し料理を頼んで自宅で、あるいは料理店の個室を借りて会食する場合もありますが、法要後の会食を手配する時は、必ず法事であることを伝えます。昔はお盆ということで、殺生を嫌い魚や肉などは避けて野菜中心のいわゆる精進料理が出されましたが、近年は精進にこだわらず、魚や肉を使ったメニューも会食の場に出されるようになっています。

しかし、新盆という法事であることを伝えないと、おめでたい料理の象徴である鯛や伊勢エビなどが使用されたメニューが出される可能性もあります。手配する時は必ず法事であることをしっかりと伝えておきます。

新盆(初盆)の香典の金額は?

新盆の法要に招かれる側は、香典を用意する必要があります。葬儀の際の香典と同様に、年齢や故人との関係によって金額が変わりますし、地域によっても相場が異なる場合があります。
目安としては、法要のみで会食には参加しない場合で3,000円~10,000円、会食に参加する場合はさらに5,000円~10,000円を上乗せします。

さらに詳しく関係性で見てみましょう。自分から見た家族・親族の関係です。

・両親・・・10,000円~20,000円
・祖父母・・・5,000円~10,000円
・兄弟姉妹・・・10,000円~30,000円
・叔父・叔母・・・5,000円~20,000円

あくまでも目安なので、これまでの新盆ではいくらくらい包んできたかなど親族に聞いたり、話し合って決定しても良いでしょう。

新盆(初盆)の服装マナー

本来なら新盆も喪服や礼服着用が正式なマナーなのですが、施主から平服でと言われたなら、喪服を用意しなくても良いでしょう。

しかし平服と言っても、法事なのですからTシャツやジーンズなどのくだけすぎたスタイルではマナー違反になります。ふさわしい平服の例を挙げてみましょう。

男性の場合

・派手過ぎない無地のスーツ(黒・ダークグレー・紺など)
・白いワイシャツ、半袖もOK
・ネクタイは黒でなくても控えめな色・柄ならOK

女性の場合

・黒やダークグレーのワンピース(無地)
・ブラウスとスカート(できればどちらかを黒で)
・アクセサリーはパールで、白かグレーのものを

男性・女性共に靴や靴下は黒色で、ストッキングは黒かベージュにします。女性の場合、夏場なので肌の露出が多いファッションになりがちですが、法事ですので露出が多いものはマナー違反になります。ストッキングなしの素足もマナーに反するので注意してください。

新盆(初盆)の飾りの準備

新盆には飾りも必要になります。これは宗派によって用意するものが異なるので、必要なものを間違いなく揃えるようにしましょう。

精霊棚(しょうりょうだな)

盆棚とも呼ばれます。仏壇の前などに設置する祭壇のようなものですが、お盆の時のみに使用します。この精霊棚にご先祖の霊が帰ってくるので、仏壇の扉は閉めておくのがならわしです。精霊棚を設置するためには必要な材料がいくつかありますが、ひとつひとつ買い揃えなくても仏具店などでセット販売されていますから、そちらを購入すれば手軽に設置することができます。

精霊馬(しょうりょううま)

精霊棚にその年の作物と共に備えるのがこの精霊馬です。お盆が題材のドラマなどで目にすることも多いと思いますが、キュウリやナスに割りばしで足をつけ、馬や牛に見立てたものです。このキュウリやナスで作った馬・牛の乗り物で、祖先の霊がこの世とあの世を行き来すると考えられています。

盆提灯(ぼんぢょうちん)

盆提灯は祖先の霊が家に帰る時に、目印となるあかりを灯すための提灯です。玄関先や仏壇の前に飾りますが、盆提灯には絵柄のあるものと白い提灯があり、新盆の場合は白提灯を用います。

新盆で使用した白提灯は翌年も使うことはせず、燃やして処分するのがならわしです。以前は送り火で燃やしたりしましたが、完全に燃やすことは環境への影響がありますし安全面でも問題があるので、部分的に燃やしてすぐに火を消すか、お寺で供養してもらう人も多いようです。

新盆(初盆)のお供え物

盆の入り、滞在中、盆の明けの3回お供え団子を供えます。どの様な種類の団子を供えるかは決まりがあるわけではありませんが、日替わりで白い団子、あんこ、甘辛のたれなどに変える風習があります。

新盆(初盆)の流れ

新盆の流れについて説明します。

迎え火

13日は祖先の霊をお迎えするために、精霊棚を飾り日中にお墓参りをしお墓を掃除します。夕方になったら迎え火を焚いて盆提灯に火を入れます。

お墓参りと法要

13日から15日の間に親族や知人を招いて法要を行いますが、出席者は揃ってお墓へ出向きお墓参りをします。お墓参りの後で法要を行い、僧侶に読経していただき会食します。

送り火

16日のお盆最終日、この世で過ごした祖先や故人の霊があの世に戻れるよう送り火をたきます。見送るのは夕方で送り火をたきますが、このタイミングで使用した白提灯を燃やす場合もあります。

新盆(初盆)のまとめ

新盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆です。新盆の行事は通常のお盆と異なる点もいくつかあり、初めて経験することに戸惑うこともあるかもしれません。

盆提灯は新盆用の白提灯を使用し、お盆が終わると燃やすかお寺で供養してもらい翌年また使うことはありません。親族や知人が集まり僧侶をお呼びして法要を行い、その後会食するのが一般的です。

僧侶への依頼や会食の手配など、普段のお盆とは違って何かと忙しくなるものです。お通夜や葬儀の時は葬儀社に相談できましたが、新盆の場合は分からないことがあれば僧侶に相談したり、親族など新盆経験者にどうすれば良いのかアドバイスしてもらうのも良いでしょう。

-家族葬のこと

Copyright© 家族葬の手引き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.