家族葬のこと

家族葬でお香典はどうする?お香典のマナーまとめ

投稿日:

家族葬に香典は必要?

家族葬は一般の葬儀と異なる点もあり、参列する場合に迷ってしまうこともあるでしょう。葬儀に参列する時は香典を持参するのが常識ですが、家族葬の場合はどうなのでしょうか。

・参列しなくても香典は渡すべき?
家族葬では、家族や親族のみで執り行われることがほとんどで、外部の人は葬儀の案内がなければ参列を控えるのが普通です。しかし、案内が届き参列する時には香典を用意しておくことがおすすめです。家族葬だからと香典を辞退される場合も多いようですが、案内にその旨が記載されていない場合は、念のため用意しておいた方が安心です。

参列しない場合には、後日お悔みに訪問されるかもしれませんが、香典を渡すのは控えたほうが良いでしょう。香典を渡せば先方はお返しする必要があるので、余計な負担をかけてしまうことになります。

・身内で家族葬をする場合
故人のために葬儀に参列してもらうのはありがたいことですが、香典を受け取ったらお返しをする必要があります。いわゆる香典返しですが、用意したり後日送ったりするのは負担になってしまうことも。

家族葬では香典を辞退することが多く、香典返しなどの負担を減らすことができます。しかし、身内以外の外部の人が参列する場合、葬儀の一般常識として香典を用意してくることが普通ですから、辞退することをあらかじめお知らせする必要があります。葬儀を案内する際に、香典や供花を辞退することを伝えのはもちろん、葬儀に参列せず後日訪問される人に向けても、葬儀は近親者で執り行うことや弔問などを遠慮してもらうことを案内したほうが良いでしょう。

香典の相場は?

家族葬で用意する香典は、一般的な葬儀で用意する金額よりもやや高めが相場です。これは参列する人数が近親者のみで少ないこと、それに香典は身内ほど金額が高くなることが理由です。また、香典は個人個人で出すのではなく、家族単位・世帯ごとで包むのが一般的ですが、家族葬の場合は身内が事前に話し合い、香典としてではなく葬儀にかかる費用を分担するケースもあります。

それでは一般的な香典の相場について見ていきましょう。

・祖父母が亡くなった場合 30,000円~50,000円

・両親が亡くなった場合 50,000円~100,000万円

・兄弟が亡くなった場合 30,000円~50,000円

・親戚が亡くなった場合 20,000円~50,000円

それぞれ金額に幅がありますが、自分の年齢・経済状態にあった金額ということで、年齢が上になればその範囲で多く包むようにします。家族葬は規模が小さく費用も一般の葬儀よりもかからないだろう、と平均よりも少ない額を包むような間違はしないようにしましょう。

また、どの場合でも40,000円包むのはタブーです。四(し)が死(し)につながることで、日本では古くから避けるべき数字とされています。

家族葬の場合の香典返しについて

家族葬の香典返しについて説明します。

・返す時期について
香典返しをするタイミングは、一般の葬儀と同様に四十九日の法要後、忌明けから1ヶ月以内が目安になります。ただしこれは仏教の場合で、神式では四十九日ではなく「50日祭」という50日目、キリスト教のカトリックなら「追悼ミサ」の30日目、プロテスタントは「昇天記念日」の1ヶ月後が忌明けになります。

本来なら、キリスト教のカトリック・プロテスタントともに香典返しを行う習慣はなかったのですが、「御花料」を頂いた場合には返礼品を贈ることが多いようです。

また、最近は葬儀当日に香典返しを渡す場合もあるようです。

・・当日返しの場合について
香典返しは忌明けから1ヶ月以内に行うのが一般的ですが、最近は葬儀当日に弔問客に直接渡すことが増えてきているといいます。関東や東北地方では珍しくないという当日返しですが、徐々に他地域にも広がってきているようです。

香典返しはもらった金額によって返す品物が異なるので、本来なら金額を確認してから決めるのですが、当日返すとなるとそれは難しいものです。ですから当日返しは全員に同じものを渡し、後日それでは不足する場合のみ個別に別のものを追加して渡しても良いでしょう。当日返しの相場としては、2,500円~3,000円程度が一般的ですが、家族葬なら香典も一般の葬儀より多く包む場合もあり、後日調整して再度お返しする必要があるかもしれません。

・香典返しの金額
一般的に、頂いた香典の金額の3割~5割が目安です。「半返し」といって頂いた金額の半額程度の品物を送るのが、香典返しの一般的な目安なのですが、これは1万円までの場合です。1万円を超えるようであれば、半額ではなく3分の1でも大丈夫です。

香典のマナー

いざという時に困らない、香典のマナーについて説明します。

・表書き
香典袋には外袋と中袋がありますが、外袋に記入するのは表書きと名前です。表書きは故人が信仰していた宗教によって異なるので注意が必要です。

仏教の場合は「御霊前」「御香典」「御香料」のいずれかを書きますが、浄土真宗の場合は亡くなってすぐに成仏すると考えられているので、御霊前ではなく「御仏前」と書きます。

神道なら「御玉串料」「御榊料」「神饌料」のいずれか、キリスト教ならカトリックは「御花料」「御ミサ料」のいずれか、プロテスタントなら「御花料」「献花料」「忌慰料」のいずれかを書きます。

・お札の向き
香典袋に入れるお札は、お札の肖像画が裏になるようにして入れます。内袋を開けた時、肖像画がこちらを向いていないようにし、故人の死を顔を伏せて悲しんでいるという気持ちを示す意味があります。また、お札の向きはすべて同じく揃えて入れるようにします。

ピン札や新しいお札を使うのは、前もって用意していたように受け取られるため使用しないのがマナーですが、あまりにもボロボロのお札を使うのもいけません。もしピン札や新しいお札しか用意できなかったのなら、半分に折り目をつけてから包むようにしましょう。

・袱紗
香典袋は袱紗に包んで持って行きましょう。カバンからいきなり香典袋を取り出すのはマナー違反です。袱紗は慶事にも使用することがありますが、葬儀には紫・紺・灰色・緑などを使用し、間違っても慶事用の明るく華やかな色の袱紗を使用しないようにしましょう。

・渡すときのマナー
香典を渡す時のタイミングは、お通夜か葬儀のどちらでも構いませんが渡すのは一回にし、2度渡すのは避けます。渡す時は袱紗から取り出して先方に表書きが読めるような向きにし、お悔みの言葉とともに両手で差し出します。

家族葬での香典についてまとめ

家族葬では外部の人の香典を辞退することが一般的になっているようですが、辞退することを伝えておかないと混乱する恐れがあるので注意しましょう。参列の案内を出す人への香典の辞退はもちろんのこと、家族葬であることを伝え参列をお断りする場合にも、香典を辞退することを知らせておく必要があります。

また、家族葬に参列することになった場合に、家族や親族であっても香典を包む必要があります。家族葬で小規模だからという理由で相場よりも少なく包むことがないようにします。

家族や親族ではなく、友人や知人として家族葬への参列を案内された時は、香典に関して辞退の連絡を受けていなければ、取り合えず相場の金額を包んで持って行くようにしましょう。家族葬では香典を辞退するケースがほとんどなので、持って行ったとしてもすぐに渡すことは避けます。葬儀の受付で香典を受け取っていることを確認した場合は、持って行った香典を渡しても良いでしょう。

-家族葬のこと

Copyright© 家族葬の手引き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.