家族葬のこと

家族葬の費用はどのくらい?費用の内訳と相場まとめ

投稿日:

家族葬にかかる費用とその内訳

家族葬は一般の葬儀よりも費用がかからないといわれていますが、実際にどのくらいかかるのか、何にどれくらいかかるのか知っておきたいものですよね。

家族葬で葬儀を行った時にかかる費用と、その内訳について詳しく説明します。

・葬儀一式の費用

葬儀社では、葬儀にかかる必要最低限の商品やサービスを「葬儀一式」で提供してくれます。その葬儀一式の詳しい内容について見ていきましょう。

・・祭壇費
祭壇は2種類あり、「白木祭壇」と「生花祭壇」です。白木祭壇は販売するのではなく基本的にレンタル、相場は15万円~60万円ほどになりますが最も安いものでは5万円程度があります。
生花祭壇は、レンタルではなく販売されるものであり、白木祭壇よりも費用がかかります。使用する花の種類やデザイン、大きさによって料金が違ってきますが、目安としては30万円~70万円程度です。

・・式場利用費
葬儀を行う場所の利用費で、家族葬の場合は少人数での利用になることから、一般の葬儀よりも費用を安く抑えることができます。
公営か民営かで利用費に開きがあり、公営の式場なら数万円程度、無料である場合もあります。一方で民間法人や寺院が運営する式場の場合は、10万円~20万円ほどが目安になります。

・・棺の費用
棺にもランクがあり、安いものでは桐棺(木製の合板製)が3万円~8万円、高いものでは布張りの棺(木製の棺に飾りや彫刻をプラスしたもの)が8万円~15万円ほどになります。
サイズにも種類があり、通常のサイズの他に大柄の人のための大きなサイズもあります。サイズが大きくなれば料金も割増しになり、1割~2割程度高くなります。

・・返礼品の費用
葬儀の参列者に対しお礼として渡す品物で、会葬返礼品や当日返しがあります。会葬返礼品はお通夜や葬儀に参列した人に渡す品物で、コーヒーや紅茶、お茶や海苔などのほか、タオルやハンカチなどもあります。

当日返しは、香典を頂いたことに対するお返しでいわゆる「香典返し」です。本来なら葬儀後の四十九日が過ぎた後で渡すのですが、最近は葬儀の当日に渡すことも増えてきており、それを当日返しといいます。

会葬御礼品・お礼状・当日返しをセットにし、2,500円から3,500円程度で見積もるのが相場のようです。ただ、香典返しについては頂いた香典の額によってお返しする品物の費用が違ってきます。家族葬の場合は一般の葬儀よりも香典が高額になることが多く、当日ではなく後日改めて香典の三割~半分程度の費用でお返し品を渡します。

・・供花の費用
祭壇の両脇に備える生花を「供花(きょうか)」といいます。喪主や家族の個人名で出すことが多く、費用は1基(供花はひとつを1基と数えます)あたり12,000円~20,000円程度が目安になります。

・飲食接待費
お通夜や葬儀の後は、参列者に飲食をふるまうのが一般的です。お通夜後と葬儀後の飲食接待費を見ていきましょう。

・・通夜ぶるまいの費用
一般葬のお通夜では、通夜ぶるまいを遠慮してそのまま帰る参列者も少なくありませんが、家族葬なら参列者のほとんど全員が飲食することになるでしょう。通夜ぶるまいの費用は、1人あたり1,500円から2,500円程度が目安となるようです。

・・精進落としの費用
葬儀・告別式の後に参列者に飲食をふるまいますが、これを「精進落とし」といいます。懐石料理にお酒などの飲み物の費用がかかりますが、目安は1人あたり4,000円から8,000円くらいが目安になります。

・寺院への費用

無宗教の場合は必要ありませんが、家族葬でも一般の葬儀と同様に僧侶を呼び仏教形式で行うことが多いようです。その場合、読経料・戒名料・御膳料・お車代を、お布施として寺院に支払うことになります。

・・読経料
読経料は宗派によって違いますが、20万円から30万円が目安となります。

・・戒名料
戒名料は信士・信女を用いた場合、10万円から20万円が目安となります

・・御膳料
御膳料は、僧侶が飲食の席に同席されない場合に包むものですが、5,000円から10,000円が目安となります。

・・お車代
僧侶が葬儀会場までの行き来に必要な交通費になります。僧侶自身が払ったタクシー代などで、5,000円から10,000円程度ですが、家族や親族が車で送迎したりタクシーを手配する場合には、お車代は必要ありません。

家族葬と一般葬との費用の比較

一般葬でかかる費用は、葬儀の規模や執り行う地域によって幅がありますが、全国平均では200万円程度だといわれています。それに対し家族葬は、平均で100万円程度だといいますからかなり費用を抑えることができることになります。

この差は参列者が少ないことから飲食代がかからないこと、返礼品などにかかる費用が一般葬よりも抑えられることで出るようです。これだけ見ると家族葬の方が費用を安く抑えられると思ってしまいますが、そうではない場合もあります。

一般葬では参列者が多く、香典もまとまった額になりそれを葬儀費用に充てることができますが、家族葬では香典を辞退することがほとんどで、頂いたとしても一般葬ほどの額にはなりません。結局家族が負担することになるので、家族葬だからといって一般葬よりも安く抑えられるとは限らないようです。

家族葬の費用を安くするには?

家族葬ではセットプランを利用することが一般的ですから、そこから不要なものを削っていくのは現実的ではありません。でも、家族葬の費用をさらに安くすることは不可能ではありません。

必ず必要なものはセットプランに含まれていますが、通夜ぶるまいの飲食代や返礼品などは別途必要になることがあります。これらをオプションとして追加することになると、より豪華なものを選べばその分費用がかかります。ですから、費用を抑えたいのなら高額なオプションは選ばないこと、必要最低限のものだけにすればかなり費用を抑えることができるでしょう。

また、葬儀社によっては生前予約を受け付けてくれる場合があります。生前予約には特典があり、費用も安くしてもらえることがあることに加え、故人の生前の意思が反映されるので、不要なものを省くことも可能です。

家族葬の費用の支払いはいつ?

家族葬の支払いは、一般の葬儀と同じように葬儀終了後に行われます。葬儀社にもよるのですが、葬儀終了後の1週間以内であることが多いようです。ただし、僧侶へのお布施(読経料や戒名料など)は「繰り上げ法要」の前後に直接お渡しするようにします。

家族葬の費用の支払い方法は?

一般的には現金一括で手渡しするか、銀行振り込みになります。葬儀社によっては現金払いのみを希望することもあるので、事前に確認しておきましょう。また、最近はクレジットカードで一括払いだけでなく、分割払いやボーナス払いを利用できる葬儀社も増えてきています。
クレジットカードを持っていない場合でも、葬儀社と信販会社が提携した葬儀ローンを利用できることもあるので、相談してみると良いでしょう。

家族葬の費用まとめ

家族葬も一般の葬儀と同じように「葬儀一式」の費用がかかります。セットプランで組まれた内容以外にプラスしてオプションを追加することが必要になりますが、選び方によっては費用を安く抑えることも、より豪華にすることもできます。

僧侶へのお布施は、葬儀社に支払う分とは別に用意する必要があります。支払うタイミングも葬儀社とは異なるので注意が必要でしょう。家族葬の場合は、一般の葬儀と同様に葬儀が終わった後の1週間以内に支払うようにします。

支払い方法は現金一括を直接手渡しで葬儀社に支払う他、クレジットカードやローンの利用が可能な葬儀社もあります。

-家族葬のこと

Copyright© 家族葬の手引き , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.